ダビング10の問題とは?

ダビング10は、コピーワンスと比較し、大分規制が緩やかに為ってる。
とはいえ、それでも問題は山積みである。
でなければ、2008年の6月辺りにはとっくに成立していた筈であるから、途方もなくの問題が生じていたと考慮して良いだろう。

 

現実、ダビング10には問題が数おおくある。
例を挙げると、デジタルチューナー搭載のHDD録画機器に限定されている点である。
つまり、HDDを搭載していない録画機器にかんしては、ダビング10は採用されないのである。
このケースの場合は、今までどおりの動作となる。
録画機器の形態に拠ってルールがちがうと云うのは、不公平感を拭えない。

 

また、少し前に発売された録画機器がダビング10に対応していないと云うのも、やっぱり不公平感がでてしまう。
ちょっと前に買い付けてしまった人にとっては、複雑な心境にならざるを得ない。

 

こういった点も考慮すると、ダビング10はどうも柔軟性に欠けていると云う印象がある。
それに拠って、視聴者が右往左往してしまうようでは、ルールとしてやや稚拙と云う感じである。
問題点が指摘される時点でまだまだ熟成が足りないとも云えるが、やっぱり安易に決定させてしまった部分が少なくないようにおもえた。

 

とはいえ、コピーワンスと比較したケースの場合、途方もなくマシになったのも確かである。
視聴者がどういった規格を希望しているのか、どのような録画形態であればストレスと云う心理的負荷を実感しないのかと云った点をもういっぺん改善して足を運べば、何人もが承知する物が出きるのじゃないだろうか。

 

世俗に有益な話柄

トップへ戻る