あのドラゴンボールがついに映画化?

あのドラゴンボールがついに映画化?

あのドラゴンボールがついに映画化?

日本で興味ない人はいないであろう、あの鳥山明の人気コミック、「ドラゴンボール」が、20世紀フォックスが製作、ハリウッドで実写映画化される事が決定した。

 

「ファイナル・デスティネーション」「ザ・ワン」でお馴染みの、ジェームズ・ウォンが監督、製作には、「少林サッカー」「カンフーハッスル」でお馴染みの、チャウ・シンチーが手がける。

 

そして、注目の孫悟空を演じるのは、映画≪宇宙戦争≫でトム・クルーズの子供を演じたジャスティン・チャットウィンである。
だが、相当の映画人にも愛されつづけている鳥山明の「ドラゴンボール」、これまで日本人をはじめ、相当の俳優が孫悟空役を欲していたが、ついにその配役が決定した。
ショックを受けている俳優も少なくはないだろう。
そして、ピッコロ役には、テレビドラマ≪バフィー 恋する十字架≫≪エンジェル≫等に出演していた、あのジェームズ・マースターズである。

 

原作コミック、「ドラゴンボール」は、日本だけでなく、世界中で2億冊以上のセールスを記録している。
500話以上にもなる、TVシリーズのストーリーは、ヨーロッパ、アジア、アメリカでどれも超人的な視聴率を上げており、まさに全世界に知れ渡ってる。
そして、日本は原作の生まれ故郷だけに、ただ単に注目を浴びると云うだけではなく、厳しいファンの視線にさらされる事が予測されているが、その日本で、どこの世界よりもいち早く公開すると云う事に、意気込みが伺える。
ストーリーは、テレビアニメでお馴染みの、「ドラゴンボール Z」のサイヤ人編と、ストーリーの中でも、お気に入りの人は少なくないはずである。
「悟空vsベジータ」の戦いを中心に描かれている。

 

気になる話題の調査報告

トップへ戻る