便秘の原因

便秘に成ると腹痛の他にも多種多様な自覚症状がある。
便秘が酷く(ひどく)なると吐き気をもよおしたり、腸に残便感を実感したり、お腹に膨満感を実感したり、下腹部に痛みを実感したりする事がある。
更に酷く(ひどく)なると食欲がなくなり、めまい等を起こす事もある。

 

これらの便秘の原因と考慮されている1つの理由として、「食物繊維の摂取不足」がある。
よく便秘に成ると繊維系のものを食べなさいと親から云われた事があった。
食物繊維を食物からある程度たびたびとる事は体内釣り合いをアレンジする意味でも途方もなく肝心な事である。
2つ目の理由として体のホルモンの釣り合いが崩壊しても便秘は生じる。
3つ目の理由としては、服用している薬の副作用と云う事も考慮される。
現状服用している薬があればその副作用にかんして吟味してみると良いだろう。
殊更に鎮痛剤やカルシウム剤、鉄剤、利尿剤、抗うつ剤等は副作用に便秘があると表示されている事が多々ある。
最後に4つ目の理由として、心理的な理由が挙げられる。
今ストレスと云う心理的負荷と抱いていて、懸念な事があったり、新しい環境になったばっかりで極度の緊張感があったりすると消化器官に異常をきたして便秘や下痢に成る事がある。
これ以外にも加齢に拠って便秘になりやすくなる体質の人や職業に拠ってなる人、生活環境によるものもあるが、概ねはこのような事が便秘の外的原因であると考慮されている。
これらの原因はお互いが原因となる多様性をもってる。

トップへ戻る