予防医学と便秘対策の工夫について

予防医学と便秘対策の工夫について

予防医学と便秘対策の工夫について

普段から何気なく実行していることの中にも、病気や辛い(つらい)症状から自分の身体を守る習慣または慣例が有る。
「予防医学を持続しなきゃ!」と気負わなくても、毎日の生活の中でちょっとした工夫をするだけで、健康習慣または慣例が身につく。
毎日、苦もなく、そしてできれば楽しく続けられてこそ、予防医学の実践といえるだろう。

 

女性に多い便秘、また子どもでも便秘で苦しむことが有る。
ここでは、お母さんが自分のため、家族のためにできる、ちょっとした便秘対策の工夫を紹介したいと思う。

 

(その1)朝、起きぬけに冷たい水か牛乳を1杯飲む。
空腹の胃に冷たい水を入れると、胃の運動開始に影響され腸の蠕動運動が活発になる。
牛乳には下剤効果も待望できるので、水で効果が実感できなかったら試してみるのもよいかと思う。
(その2)朝食をキッチリと食べる。
ガッチリ朝食を摂れば胃が動き出し、大腸も動き始め、便意が生じる。
(その3)なめこや里芋のぬるぬるを落とさずに食べる。
これ以外オクラや山芋のぬるぬるも同様で、水溶性の食物繊維が含まれているので、できるだけぬめりを落とさずに食べた方が胃壁を保護したり便をやわらかくする効果が待望できる。
(その4)いも類を毎日食べる。
さつま芋は特に食物繊維が豊富で、甘みがあって美味しいので量を食べれる。
できれば皮をむかずに調理した方が、便秘修正には効果があるだろう。
これ以外じゃが芋や里芋など、毎日どれかを食卓に並べると良いだろう。
こんにゃくも、いもの仲間である。
(その5)梅干しや酢の物を摂る
酢の物や梅干しの酸味は腸を刺激する。
但し、梅干しを食べ過ぎて塩分の過剰摂取にならないように気を付けて欲しい。
(その6)下剤効果のある食品を取り入れる。
プルーンやアロエ、どくだみなどには緩下剤効果が有る。
プルーンは生やドライで、アロエは葉の部分を刻んでそのままか煎じて、どくだみは干してお茶と一緒に煎じても良いだろう。
但しこれらの食品は一度に大量に摂ると下痢をすることもあるので、少量から試して欲しい。

トップへ戻る