メタボ検診で調査する腹囲

メタボ検診で検査する項目は、腹囲、血圧、血糖値、コレステロール値である。

 

この中の腹囲に関連しては、肥満の進行度について診断する為に測定する。
1つの基準として、男性のケースの場合は85cm以上、女性のケースの場合は90cm以上がメタボ検診での指導対象となる、とされている。
とはいえ、腹囲は絶対にしも肥満を図るバロメーターになるとは限らない。
元々ガッチリした体型の人や、腹筋を鍛えている人は必然的に腹囲が大きくなるからである。
極端な話、身長が2mくらいある男性のケースの場合は、腹囲が85cmでも全く太っているとはいえないだろう。
逆に、身長が150cmくらいの人であれば、80cmでも太っているといえる。
何より、基準値以下であってもそのお腹の中が脂肪ばかりなら、それは肥満という事になる。

 

 

いわゆる隠れ肥満。
国によってもメタボリックシンドロームを定める基準値は異なるので、85cm、90cmというのが絶対にしも肥満であるという証明にはならない。
メタボ検診では、こういった細かい位置までの検査はできないようである。
実際、一人1人にそこまで突っ込んだ検査をしていたら時間がたくさんあっても足りないので、一定の基準値を取り敢えず定めてみました、といったと事だろう。
これは致し方ないことだと考えられる。
であるので、仮にこういった項目で引っかかって指導を受けたとしても、それを恥だと思う必須事項は全くない。
ちゃんとドクターや保健士の方は掌握しているので、メタボ検診の指導の際に解説を受けることになるだろう。

トップへ戻る