医療事務の病棟クラーク業務

医療事務の病棟クラーク業務

医療事務の病棟クラーク業務

あまり聞きなれた言葉ではないが、総合病院には、病棟クラークという医療事務の業務がある。
いったい、病棟クラークとはどのような業務なのだろう?

 

 

今は健康でも、私達もいつかは病気になるかもしれない。
また、事故にあう可能性だってあるわけだ。
そんなとき、お世話になる病院。もしかしたら、入院なんてことになるかもしれない。
病棟クラークは、入院する患者さんと医師や看護師との間に立ち、さまざまなケアをする仕事である。

 

 

病棟クラークの仕事の内容は、入退院の手続きや食事・物品の手配などの事務的なことから、入院患者さんの診察室や検査室への案内、手術や検査のスケジュール管理など、実に多忙を極める内容である。
もちろん、カルテの管理や、入院中の処置などをカルテに入力する作業も行う。
さらには、直接 患者さんやそのご家族とも接するので、精神的な不安を取り除いてあげられるような細やかな対応を求めらる。

 

 

病棟クラークは資格がなくても働けるが、病院によっては医療事務関連の資格保持者もしくは、医療スタッフ経験者を望んでいるところが多いようである。
専門学校などでは、クラークコースという教室があり、クラークに必要な医療事務の知識はもちろんのこと、心理学的な勉強なども教えてくれるので、卒業後はこれらの知識を生かして働けそうである。
ちょっと特殊なこの病棟クラーク業務であるが、とてもやりがいがありそうだと思わないだろうか?
人と人との触れ合いを感じながら働けるので、自然と笑顔も増えそうだ。

トップへ戻る