乱視を矯正するには?

乱視を矯正するには、眼鏡、コンタクトレンズ、屈折矯正手術などがあるが、一番安全性が高く手軽なのは、眼鏡である。
眼鏡には、レンズが角膜に触れないので、衛生上の問題がまず無いという安心感がある。
ただし光学的には、ハードコンタクトレンズによる矯正と比べて、空間視の違和感があるという点では若干の不利がある、ハッキリ見えるのだけれど違和感を感じる眼鏡、となってしまうこともあり得る。
そういった点が問題点としてあるのも事実である。

 

 

しかし、それは高度な検査処方技術によってかなりカバー出来る範囲のものである。
眼の屈折異常には、乱視、遠視、近視、の3種類があるが、乱視はそれ単独で現れる事は少ないので、遠視や近視に付いて生じる事がほとんどと言えるのだ。

 

 

つまり、近視や遠視を持っている眼は、いくら少なく見ても、その半分以上の目は矯正が必要、あるいは矯正が有効な程度の乱視を持っているのである。
乱視があると、物のぼやけ方が横方向と縦方向で違ってくる。

 

 

例えば、近視と乱視がある人が近視のみ矯正してある眼鏡を掛け、碁盤の様なマス目を見ると、縦線はハッキリしているが横線は少しぼやけているという様な現象が生じることがあるのである。
逆に、近視だけの矯正をした眼鏡では物がすべてある方向にダブって見えるという事も起こる。
それはほとんどの場合で、乱視を正しく矯正することにより解消出来るのである。
必ず、自分の症状にあった眼鏡をかけることが大切である。

トップへ戻る