いびきを家庭で治そう

いびきと云うのは、本人は勿論であるが一緒に就寝している人にとっても途方もなく迷惑な話である。いびきは治せるなら治したほうが良いとおもわれる。出きれば耳鼻咽喉科等の専門医で診てもらったほうが良いとはおもうのであるが、そこまで大げさにしたくないと云う人の為に、前段階として家庭内で出きる「いびきの治し方」があるので試してみてほしい。

 

実行してみて、おおよそ一週間ほどでいびきが聞こえなくなったり、口呼吸から鼻呼吸に変わったりしたら、そのいびきは「大丈夫ないびき」と決断してよいとおもわれる。

 

≪横向きで寝かせる≫
いびきをかいている人は仰向けで就寝している人が少なくないものである。おおよそ60%位はいるんじゃないかと云われている。

 

何故仰向けで就寝している人にいびきをかく人が少なくないかと云うと、舌は口から咽頭部まで伸長していて、その咽頭の1番奥までつながってる。
仰向けに就寝すると、舌が重みで咽頭の奥に覆いかぶさるように下がってしまう。

 

そうなると、上気道が狭くなりいびきをかきやすくなると云う事に成る訳である。
そういう状態にならないように、枕の下等に本を入れて傾斜をつけて頭や体が横向きに成るようにしたらどうだろうか?

 

≪枕や布団等を変えてみるべきだ≫
枕をちがう枕に変えたり、布団を変えたりするのも良いだろう。意外と今までとちがったイメージで就寝すると安眠出きたりするかも知れない。

 

他に、部屋の湿度を注意してみるとか、アルコールを控えるとか、ダイエットとかしてみるのもいびき改善につながるかも知れない。

トップへ戻る